モットンと雲のやすらぎ

腰痛に良いと評判のモットンと雲のやすらぎプレミアムを比較

 

モットンと雲のやすらぎ

 

腰痛に良いマットレスとして評判が良いのがモットンと雲のやすらぎプレミアムです。

 

どちらもシングル・セミダブル・ダブルと同じサイズが販売されており、価格も一緒の高反発マットレスなので、良く比較されることも多い寝具でもあります。

 

他の腰痛マットレスは7万円以上するのも多いですが、モットンと雲のやすらぎは4万円からなので、一般的なと比べれば高いものの安い腰痛マットレスとしても知られます。

 

そのため、モットンと雲のやすらぎのどっちを購入か迷う人も多いかと思いますが、この2種類の寝具は同じ高反発ではあるものの、合う体型の人は違いがあります。

 

この記事ではモットンと雲のやすらぎを比較して、どんな部分に違いがあるのかだけでなく、あなたの体型ならどちらが合いやすいのかまで分かるようになっています。

 

朝の腰痛に良いマットレスで安いのを探していて、どちらを使うか迷った方はご覧ください。

 

 

モットンと雲のやすらぎの比較

 

モットンと雲のやすらぎの違いを比較が一目で分かるように表にしたのでまずはご覧ください。

 

比較 モットン 雲のやすらぎ
寝具の種類 マットレス 敷布団
価格 39,800円 39,800円
反発力 高反発 高反発
硬さ 140N・170N・270N 高反発の中で柔らかめ
厚さ 10cm 17cm
サイズ シングル・セミダブル・ダブル シングル・セミダブル・ダブル
どんな体型におすすめ 痩せ気味から太ってる 痩せ気味から標準
硬さの変更 できる できない
特徴 硬さの変更ができ安心 5層階層の寝具

 

この比較表では寝具について詳しく知らない人だと似ているので、どちらが良いのか分からない人も多いかと思います。

 

両方とも高反発で似た寝具ではあるものの、この2つは大きな違いがあります。
そのため、どちらがあなたの体型に合うのか詳しく解説をしていきます。

 

寝心地の違い

 

モットンと雲のやすらぎは寝心地の違いがあります。

 

雲のやすらぎプレミアムは中央に高反発の素材を使っており、それを挟み込むように点で支える「凹凸アルファマット」があり、更にフランス産羊毛などが更に挟み込んでいます。

 

そのため、高反発で沈み込み過ぎない特性を生かしながら、ふんわりとした寝心地になっています。

 

今までに高反発を使っていたり、硬い寝具が好きな人なら気にならないですが、普通から柔らかい硬さを使ってた人だと、初めて高反発マットレスを使うと慣れるまで眠りづらいのがデメリットでもあります。

 

しかし、モットンは一般的な高反発マットレスではありますが、雲のやすらぎは高反発だけどふんわりした寝心地になっているのですね。

 

体圧分散の違い

 

体圧分散に関してはモットンよりも雲のやすらぎの方が高くなりやすいと感じます。

 

その理由としてはプロファイル加工された点で支える素材が使われているからです。
山状に突起させたプロファイルウレタンの素材を使うことで、からだが全く寝具に接しない箇所を減らし、全身に負担がばらける効果があります。

 

しかし、内部の素材となっているので実際に寝心地に違和感があるのかと言うとそうではなく、点で支える素材が気になるようなことはありません。

 

ただし、腰痛マットレスを使って腰痛が悪化など失敗をする人が多いのが、高反発で体圧分散の高いのが体に合うと勘違いさせられていることです。
実際、体圧分散の面だけで考えれば低反発の方が沈むので、全身が接地して効果は高いです。

 

しかし、低反発だと沈み過ぎるので高反発の方が腰痛に良いと言われています。
ようするに体圧分散の高いのが腰痛に良い寝具ではなく、あなたの体型にあった硬さのマットレスで体圧分散が高いのが良いのですね。

 

結論から言えば点で支える素材が使われていることから、雲のやすらぎの方が体圧分散の効果が高い傾向にあるのが分かります。

 

 

硬さの違い

 

モットンと雲のやすらぎでは同じ高反発マットレスに分類されますが、硬さには違いがあります。

 

モットンの硬さは140N・170N・270Nと3種類になっており、高反発の中でも硬め・かなり硬め・超硬いの中から選ぶことができます。
雲のやすらぎは中央が高反発ですが、凹凸アルファマットなどが挟み込んでいるので、高反発の中でも少し硬めぐらいになっています。

 

そのため、モットンと雲のやすらぎは硬さに違いがあるので、どちらが体型に合うかは使う人の体重や体型によって変わってきます。

 

この2つの腰痛マットレスの寝具の大きな違いの部分でもあり、同じ高反発でもどちらを使うかによって、朝に快適になることもあれば腰痛が悪化することもあります。

 

 

モットンと雲のやすらぎはあなたの体型ならどちらがおすすめ

 

モットンと雲のやすらぎでは硬さの140Nを選べば似ている部分が多く、どちらを使った方が良いかはっきりと体型に違いがでる訳ではありません。

 

体に合う寝具として重要な硬さの部分が似ており、どちらも体圧分散・耐久性・防菌防ダニ加工など、特徴が近いのですね。

 

しかし、モットンの方が硬さが3種類選べることから、多くの体型に人に合わせることができます。

 

  • 痩せぎみから太っている人はモットン
  • 痩せてるから平均的なら雲のやすらぎ

 

雲のやすらぎとモットンの140Nでは硬さは近い部分があるので、合いやすい人の体型の目安でかぶる部分はありますが、その点は寝心地を参考に決めてみるのがおすすめです。

 

モットンがおすすめな人

 

モットンがおすすめな人は痩せ気味の平均的に近い部分から、凄く太っている人までです。

 

痩せ気味ぐらいであれば140Nがありますし、平均から太りぎみなら170Nがあり、太っている人でも270Nの超硬いのまで選ぶことができます。
特に違う硬さの寝具を3種類も用意しているだけでなく、公式サイトから限定ではあるものの、硬さの変更などのキャンペーンも行われています。

 

あくまで体型は寝具を選ぶ時の硬さの目安にはなるものの、体重や背中のラインの反り具合などでもからだに合うのは変わってきます。

 

その点を考えると少し柔らかすぎたり硬すぎたりと感じた時に、硬さの変更ができるので失敗をしづらいので、合わないと買い替えが必要となる朝の腰痛に悩まされてる人だと、安心して利用をしやすいはずです。

 

太っている人ならモットンが一択でおすすめですが、痩せ気味から平均的な体型の人だと、硬さの変更ができる点なのかふんわりした寝心地なのかで選びましょう。

 

モットンは3種類の硬さがあるのであなたの体型ならどれが合うかの目安を下記の記事で解説しているのでご覧ください。

 

モットンマットレスの口コミ

 

雲のやすらぎプレミアムがおすすめな人

 

痩せてる人から平均的な体型の人なら雲のやすらぎプレミアムはおすすめすることができます。

 

腰痛に良いマットレスとして評判が良い寝具の中でも価格が安いのに、点で支える素材や17cmの極厚など、機能面でも高級布団と見劣りしないです。

 

また、今まで硬いのを使った経験がない人だと、高反発マットレスだと慣れるまでに2週間や時間がかかりますが、雲のやすらぎなら高反発の中ではやわらかめの寝心地になっています。

 

モットンのように硬さの変更をすることはできませんが、返金保証の条件は付いてるので、万が一にでも合わなければ他の寝具の買い替えを検討することもできます。

 

雲のやすらぎはもともと敷布団でしたが、今ではマットレスタイプの販売も行われています。

 

痩せてる人から平均的な体重ぐらいの人になら雲のやすらぎはおすすめです。