モットンとエアウィーヴ

モットンとエアウィーヴでどっちが体型に合うか比較

モットンとエアウィーヴを比較

 

寝具の買い替えする人でモットンとエアウィーヴのどちらが良いか比較してどちらが良いか悩んでいる方も多いと思います。

 

得にエアウィーヴはスポーツ選手の浅田真央さんやテニス選手の錦織圭さんが愛用していることでも知られ、JALの国際線ファーストクラスでも使われるなど、評判が非常に良い寝具です。

 

しかし、価格が10万円以上からとなるので腰痛に良い寝具として知られるのでは標準的ではあるものの、マットレスとしては高級で高いデメリットがあります。

 

一方でモットンは厚さも10cmあり腰痛に良い寝具と知られる中では価格が安いのが魅力的であり、今までに10万個以上も使われていることから、人気が非常にあるのが分かります。

 

モットンもエアウィーヴも寝具なので体に合うかが大事でもあり、良い口コミもあれば悪い口コミもありますが、どちらが良いかはあなたの体型によっても変わってきます。

 

この記事ではモットンとエアウィーヴの比較や体型によってどちらが合うかについておすすめが分かるようになっています。

 

 

モットンとエアウィーヴの比較

 

モットンとエアウィーヴの比較を一覧で表にしたのでまずは表をご覧ください。

 

比較 モットン 雲のやすらぎ
寝具の種類 マットレス 敷布団
価格 39,800円 99,000円
反発力 高反発 高反発
硬さ 140N・170N・270N 標準
厚さ 10cm 15cm
サイズ シングル・セミダブル・ダブル シングル・セミダブル・ダブル
どんな体型におすすめ 痩せ気味から太ってる 痩せ気味から太り気味
硬さの変更 できる できない
特徴 硬さの変更ができ安心 エアファイバーで洗えるマットレス

 

エアウィーヴに関しては最も安い「ベッドマットレス S01」を基準にモットンと比較をしています。

 

お尻付近が沈まないように腰が硬めで寝心地も良いように上半身や下半身が柔らかめや標準など組み合わさった寝具として知られますが、ベッドマットレスS01は全体が標準ぐらいの硬さで同じになっています。

 

ブロック毎に違うのは24万円以上するので、最高級のマットレスになっています。

 

寝心地の違い

 

エアウィーヴもモットンも硬めの高反発マットレスになっています。

 

そのため、寝心地は使う人の体型次第にもよりますが、少し硬めで沈み込みが深くならないようになっています。

 

但し、寝る人の体重次第でも寝心地は変わるので、口コミでも柔らかすぎるの意見もあれば、硬すぎるの意見もあります。

 

エアウィーヴに関しては最も安くて10万円のS1マットレスに関しては硬さが標準の一種類になっているので、どんな体型でも寝心地が合わせやすい訳ではありません。

 

その点でモットンは140N・170N・270Nと3種類の硬さがあるので、体型によってどれを選ぶと良いか決めれたり、多くの体型の人でも合わせやすいようになっています。

 

また、硬さの変更をすることができるので、体重によって柔らかくて沈んだり、硬くて腰が浮いたりなど合わない時でも、対応をすことができるので、この点でも腰痛に良いマットレスとしても知られます。

 

エアウィーヴに関しては一部の店頭で販売も行われているので、短時間で体に合うかの判断はできませんが、どんな寝心地なのかを体験することができます。

 

エアウィーヴは洗えるマットレス

 

エアウィーヴは素材がエアファイバーが使われているので、水で洗い流すことができます。

 

しかし、モットンは一般的な寝具と同じように洗ったりすることはできません。

 

外で陰干しでの使用となるので、長く使っていくとなると衛生面ではエアウィーヴの方が良くなってきます。

 

エアウィーヴ自体は17kgと重たくはあるのですが、パーツを分解して洗えるように作られています。

 

そのため、複数のを洗う必要があるので面倒な反面で、浴槽などの狭いスペースで女性でも手軽に洗いやすくなっています。

 

モットンも防ダニ・防菌加工などはされてはいるものの、一般的なマットレスと同様に洗うことはできません。

 

高級寝具だけあって衛生面が他の人より気になる人でも、満足することができるようになっているのがエアウィーヴです。

 

モットンとエアウィーヴはあなたの体型ならどっちがおすすめ

 

モットンもエアウィーヴも反発力の強いマットレスなので、合う体型の人は似ている部分があります。

 

しかし、モットンの方が硬さが3種類選べることから、多くの体型に人に合わせることができます。

 

  • 痩せぎみから太っている人はモットン
  • 痩せぎみから太りぎみはエアウィーヴ

 

そのため、体型に合う寝具としては似ている部分があり、価格面での比較の部分を重視して選ぶことが多いはずです。

 

よりどちらの寝具がおすすめなのか詳しく解説をしていくので参考にしてください。

 

モットンがおすすめな人

 

安い腰痛マットレスや太っている人におすすめなのがモットンです。

 

腰痛マットレスと評判が良いのはいくつか種類がありますが、7万円以上するのが多く10万円ぐらいの高いのがたくさんあります。

 

その中でもモットンは価格がシングルサイズで39,800円からと安いので、今までに累計で10万個以上使われているのですね。

 

他の腰痛マットレスはどれも高いですが、その分厚さが17cmの極厚だったりしますが、モットンは10cmあるので十分底付き感を感じることはないはずです。

 

  • 安い腰痛マットレスを探している
  • 痩せ気味から標準(140N)
  • 標準から太りぎみ(170N)
  • 太っている(270N)
  • 筋肉質である

 

また、モットンには3種類の硬さがありますが超硬いので270Nのが販売されています。

 

そのため、体重が80kgを越えていて筋肉質や太っている人でも、寝姿勢が沈み込んでしまうなんてことはないはずです。
モットンは3種類の硬さがあるのであなたの体型ならどれが合うかの目安を下記の記事で解説しているのでご覧ください。

 

モットンマットレスの口コミ

 

エアウィーヴがおすすめな人

 

エアウィーヴは痩せぎみから太りぎみまでの体型で、高級寝具でも問題ない人ならおすすめすることができます。

 

最も安いタイプであるS1で約10万円からとなっており、最高級ので約35万円するのまであります。

 

  • 痩せ気味から太り気味
  • 寝具に10万円なら出すことができる
  • 洗えるマットレス

 

そのため、上記の体型に当てはまり価格も問題ないのなら、寝心地や評判も良い最高級の寝具を使いたい人なら、エアウィーヴはおすすめすることができます。

 

しかし、朝の腰痛に良いマットレスを探していて、評判が良いからなど最高級を求めているのではなく、体に合うのを使いたいだけであれば、モットンを含め他の寝具を検討しても良いかも知れません。

 

エアウィーヴは高いだけあって評判は凄く良いので、価格が全く気にならないよって人なら圧倒的におすすめすることができます。